大阪の引越しならどの引越し業者が評判が良い?

大阪の引越しではどの引越し業者を利用すればよいでしょうか?。
実にたくさんの引越し業者がありますので迷ってしまいますよね。

 

そこで参考になるのが
引越し見積もり比較サービスが利用者のアンケートを集計しているランキングです。

 

ネットで個人個人の口コミを見ると、総合的にどうなのかが分かりませんよね。あまりよい感想を持っていない人の口コミでは大手引越し業者の名前をあげていることが多いのですが、でも大手の場合は利用者の数も多いので目立ってしまうということも言えますので、それがそのまま正しい評価かどうかは疑問です。

それに春の忙しい時には臨時のアルバイト作業員を大量に雇用する季節でもあるので、どんなに普段、社員教育をしていたとしても忙しい時期には作業員の質が落ちるのはやむなしです。

 

では以下に引越し見積もり比較サービスのランキングをご紹介いたします。

 

引越し見積もり比較サービス「引越し侍(価格ガイド)」によるアンケート調査

大阪の引越し利用者【大手引越し業者の評判ランキング】

  全国的大手引越し業者 口コミによる評価 各対応の評価ポイント(受付/訪問/作業員/作業スピード)

アーク引越センター

アート引越センター

サカイ引越センター

アリさんマークの引越社

ハート引越センター

 

大阪の引越し利用者【地域密着引越し業者の評判ランキング】

  全国的大手引越し業者 口コミによる評価 各対応の評価ポイント(受付/訪問/作業員/作業スピード)

ダイショー引越しサービス

コスコス引越センター

タイツウ引越センター

はこびー引越センター

シルバーバックス引越センター

引越センター アイキョー

K・S引越センター

リクラッソ引越サービス

人力引越社

引越のブレックス

 

引越し業者の評判ランキングの方はユーザー満足度が集計されて数値化されていますが、
大手の1位のアーク引越センターは4.44
一方、
地域型の業者1位のダイショー引越しサービスは4.75、
2位のコスコス引越センターは4.59

となっている通り、地域型業者の方が満足度は高いという結果となっているようです。

 

ただし地域密着型の業者であればどこでも良いかというと、そんなことは無く、逆に質の低い業者も地域型にはありますので、料金が安いからという理由だけで選ぶようなことはしないほうが賢明です。

引越し業者の正しい利用方法とは?

引越し業者に依頼するなら、複数の会社を比較しながら、前もって手配していくという事が必要です。一週間前の予約ですと、希望の日時が全部埋まっている事もあります。

 

引越しは月末に多いので、月末にかかる場合には、できる限り早めに引越し業者に依頼するようにします。

 

特に3月から4月上旬にかけては年度が変わるという事もあり、引越しする人が増えてきます。そのため、引越し業者も繁忙時期に突入してしまうため、どうしても料金も割高になってきますし、引越し業者のスケジュールも厳しくなってきます。

 

余裕を持って引越し業者に依頼していけるようにして下さい。

 

>>大阪の引越し業者で評判の良いのはどこ?<<

妥当な価格かどうかの判断をすることができますか?

業者さんにイキナリ訪問見積もりを頼んで、見積もり金額を告げられた時、あなたはその見積もり料金が妥当なのかどうか、分かるでしょうか?

 

これから引っ越そうとしている区間が、会社の同僚や、友人、兄弟などに経験があれば、それを元に料金を推測することが可能かもしれません。

 

でも、その引越しがまったく未知の区間であったとしたら、おそらくは判断ができないかもしれません。いや、きっとその公算の方が高いのではないでしょうか。

 

私は実際にこんな経験をしています。

 

大阪府内ではなく長距離の引越しでのことでしたが、電話で5社から見積もり金額を聞きましたが、10万円、28万円、30万円、30万円、35万円という見積もりだったのです!。この激しい金額差はどういったことでしょうか!。

 

なんだか怪しげな会社?、もしかしたらそう思われるかもしれませんが、この5社はいずれも、いわゆる大手企業なんです(日通とかアート引越センターなど)。こんな経験があって「引っ越す時は何が何でも見積もり比較をしなきゃ!」という結論に達したわけなんですね。

 

これから引越しを予定しているみなさま、ぜひ無料で使える一括見積もりサービスを利用して大きな損をしないようにしましょう。

 

>>使わなければあなただけが損をしてしまう一括見積りサービス<<

 

 

大阪市内の引っ越し経験者の体験談

大阪市西淀川区から市内西区へ単身引っ越し

社会人になり、生活も安定したため、実家を出て一人暮らしをするため引っ越しをしました。引っ越し先は単身用の1DKマンションです。引っ越しは2010年の10月中旬の平日でした。実家のある大阪市の西淀川区から同じく大阪市の西区へ引っ越しました。

 

そのときの引っ越しは引っ越し業者を利用せず、両親の知り合いの便利屋さんに依頼して手伝ってもらいました。家電は新規で購入するため、家具が少なかったため、小さいトラックで十分荷物を積み込めました。専門業者でないため、ベッドの解体や組み立ても難なくしてくれて、滞りなく引っ越し作業が完了しました。費用は2万円くらいでした。

 

近場の引っ越しで、荷物も少く、それほど大変ではない方だったかもしれませんが、初の引っ越しだったため、やはり疲れ果て、当分引っ越しはしないでおこうと思った体験でした。

大阪市淀川区から市内西淀川区の戸建てへ家族引越し

家族が増えて、賃貸が手狭になったために戸建てに引越すことになりました。夫婦と子供1人です。2LDKのマンションの2階から、4LDKの戸建てに引越しました。引越したのは、2014年の7月の下旬の土曜日です。主人の仕事が土日休みなので、土曜に引越しました。土曜にしたのは、日曜は1日中家の片付けをするためです。引越したのは、大阪市淀川区から市内西淀川区です。車で10分くらいの距離です。

 

サカイ引越センターにお願いしました。何社からか見積もりをとったのですが、一番安くしてくれたのがサカイ引越センターだったからです。見積もりの料金は5万3千円で、実際に請求された金額も5万3千円です。オプションなどは特に利用しませんでした。スタッフの方はハキハキして素早い人ばかりで、あっという間に引越しが終わりました。あまりの手際の良さに感動したくらいです。

大阪市内のアパートに結婚により引越し

今年の11月に結婚を機に引越しする事になり、11月の頭の祝日に主人と主人の親に手伝ってもらい引越しを行いました。私は実家に住んでいたので彼の仕事が大阪だったので、そこから大阪市にアパートを借り、実家から出ることになりました。

 

彼が先に引越しをし、4月から住んでいた為に、私だけの引越しなので荷物も多いわけではなく、念のために引越し業者に見積もりをだすと5万円ぐらいすると聞いたので、車2台で自分達で引越しを行う事にしました。普通車1台と軽自動車1台ずつで荷物を積める事が出来たのでお金を使わずにすんでよかったです。

 

ただやはり、車をマンションの前に荷物を運ぶ間は止めて置くことになるので路駐だと思いご近所の方に注意されたのでそこは気をつけなければいけないと反省しました。

 

実家が一軒家だった為に1LDKの間取りの家を借りたのですが荷物を置くと主人と私の2人では部屋が狭く感じます。子供が出来き、大きくなると少し大きめの間取りのマンションか自分の家を建てられるように、お金を貯めようと思います。

大阪府内の引っ越し経験者の体験談

大阪府大東市の実家から大阪市へ通学のため単身引越し

引越しの動機は、大学2回生までは自宅から学校に通っていましたが、実験等で遠くに帰るのがつらかったからです。世帯と住居については、大学生なので一人暮らしです。大阪府大東市の実家から大阪府大阪市西部の1DKアパートへ引越ししました。

 

引越しをした時期は、2016年2月初旬の日曜日だったと思います。

 

実家から持っていくもので大きいものは勉強机ぐらいだったため、引越し専門業者を利用して引越しはせず、父のトラックで運んでもらいました。家具などは新しく買い。お店の方から直接引越し先に運んでもらったため、さほど苦労はありませんでした。ただ、服や小物の梱包が自分たちでしたため乱雑でその片付けには手こずりました。

吹田市から大阪市西淀川区の実家に引っ越し

会社を退職し、一人暮らしから、いったん実家に帰るために、大阪府の吹田市から大阪市の西淀川区に引っ越しをました。引っ越しは2016年の6月にしました。

 

家具は持ち帰りましたが、家電は持って帰っても置く場所もないため、処分することにしました。引っ越し業者は利用せず、便利屋さんに家具の移動と家電の処分をお願いしました。引っ越し作業よりも家電の処分費用の方が高くなり、合計で5万円ほどかかりました(見積もり時と同じ金額でした)。

 

便利屋さんの作業員は一人でしたが、手際よく、荷物の持ち運びもしてくれました。衣服や他の雑貨、生活道具は大半を処分していたため、これまでの引っ越しよりもだいぶ早く終わりました。まるで断捨離も兼ねているような引っ越しでした。

 

物の処分を事前に行ったため、引っ越し準備は大変でしたが、引っ越し作業自体は楽な引っ越しでした。

池田市から同府茨木市へ通学のため引っ越し

私が引っ越しをしたきっかけは、大学のキャンパス移動のためです。元々大阪府池田市の1Kで一人暮らしをしていましたが、新しいキャンパスで講義が始まるため、2016年9月上旬頃に同府茨木市の1Kに引っ越しました。

 

夏休みということもあり、平日に引っ越しました。この時期に引っ越した理由は、引っ越し業者を利用せずに引っ越そうと思い、最寄りのレンタカー店にてトラックかハイエースを借りる予定だったため、平日だと大学生協を通して確実に借りれたことや、9月からレンタカー店にてキャンペーンがあり、借りる費用が安くなったためです。最終的にハイエースを借りましたが、一人暮らしだったため荷物も少なく、引っ越しは1日で終わり、レンタカーとガソリン代でおよそ15,000円くらいでした。

 

荷物は自分たちで運ばないといけませんが、小規模の引っ越しなら引っ越し業者を利用するよりもハイエースなどを借りるほうがはるかに安上がりなので、特に繁忙期である年度末に引っ越す方にはおすすめの方法です。

大阪府泉南地域での引っ越し

その当時実家で住んでいた私でありましたが、勤め先が移転という事になり通う事が少しきつくなったため、勤務先の近くで住まいを借りる事にしました。無理すれば通勤する事も出来ますが、いずれその近辺に住み付く事を考えれば遅かれ早かれ借りる事になる事を考えたためこの際思い切って借りる事を選択しました。

 

住んでいる地域は大阪の泉南地域で比較的和歌山方面に近い印象のある地域です。引っ越しは1998年の4月で確か中頃の土曜日でありました。自分で軽トラをレンタルして荷物の出し入れを行いました。

 

あいにく単身で有ったため荷物の数もさほど無く簡単な引っ越しでありました。私の場合軽トラだけで荷物の出し入れを行なえましたが、もう少し荷物がが多いようですと、2トントラック借りて運搬する事をおススメします。あくまでも自分で引っ越し作業を行う場合に限ります。

引越し先の下調べは重要ですよ

引越し先がどのような場所なのかを知っておくことはとても重要です。失敗しない新居選びと引っ越しのために、ここではいくつかチェックしておいた方が良いと思われることをお教えしたいと思います。

 

まず引越しの際に気をつけておかなければいけないのが、入り口の広さやエレベーターの有無、冷蔵庫といった大きな家具が入る収納スペースの広さです。条件によって引越しの方法も検討しなければならないため、引越し業者によっては見積もりの際に聞かれることもあります。誤解が無いように、予め写真に撮っておくのもいいかもしれません。

 

次にその住居がこれから住んでいく上で快適なものかチェックしましょう。重要になってくるのが近所の人たちの雰囲気です。折角建物が素晴らしくてもご近所トラブルで台無しなんてことも十分考えられます。これから長い付き合いになっていく人たちです。精査が必要です。実際に誰かと話してみるのも有効ですが、他にも、ゴミ捨て場といった共同スペースの清掃がきちんとされているか。簡単な挨拶をしてみる。といった簡単なことで意外とわかってしまうものです。是非一度試してみてください。

 

最後に、周辺施設のチェックも非常に重要です。お子さんがいてお勤めの方にとっては、周辺にしっかりとした保育施設があるかどうかは何よりも重要なことなのではないでしょうか?

 

他にも、近くの商店街やスーパーまでの距離、道路の交通量なども知っておく必要があります。

 

多少の不便なら大丈夫だと思っても、それが毎日ともなると辛いもの。1人で判断するのではなく、誰かと複数人で行って意見を聞くことも大切です。

 

引越し前にやることをリストアップしておくと楽です

引越しにはやることが沢山あります。無駄なく、やりのこしたこともないように事前にやっておくべきことをリストアップしておきましょう。

 

大まかに、「引越す前までにやっておかなければいけないこと」、「引越し当日にやらなければいけないこと」、「引越してからやらなければいけないこと」と分けてリストアップしましょう。

 

まず「引越す前までにやっておかなければいけないこと」ですが、引越し業者への手配はもちろん、今の大家さんには30日前までに知らせておきましょう。余計な家賃を払わずに済みます。他にも、転出届も必要ですし、その際印鑑登録が必要な自治体がほとんどですから準備をしておきましょう。電気やガスは前日までにサービスの停止をお願いし、郵便物などは転送願いを出しておきましょう。そうすれば引越しを知らなかった人からの荷物も一年間は受け取ることが出来ます。挨拶回りも忘れないようにしましょう。

 

次に「引越し当日にやらなければいけないこと」ですが、当日の大家さんや近所への挨拶から始まり、積み残しが無いかチェックしながら引越しの手伝いなど。することは山済みです。特に当日やらなければいけないことは特に入念にチェックしておきましょう。

 

最後に「引越ししてからやらなければいけないこと」ですが、特に注意しなければいけないのが転入届です。転入届は引越し先の市町村区役所へ引越ししてから14日以内に提出しなければいけません。忘れると罰金を支払わなければならないので引越ししたらすぐに手続きを終えてしまいましょう。詳しい引越し後の手続きについてはまた後ほど説明するのでここでは割愛させていただきます。

 

>>無料で使える一括見積りサービスとは?<<

 

大阪市について

大阪と言えば、色々な名所、名物や食品など観光でも有名ですが、大阪府大阪市は、近畿地方の中心地で政治的にも重要な町です。

 

大阪府大阪市は、近畿地方の行政や経済、文化、交通などあらゆる面での中心都市です。また、大阪市は歴史も古く、大昔は難波宮、難波宮など首都としても機能もありました。中世では、浄土真宗の中心地でもありその本山である石山本願寺がおかれた町として発展しました。その後は信長によって滅ぼされてしまいましたが、後に豊臣秀吉が近世初期に大阪城を築城し、城下町も整備されるに至りました。江戸時代に入ると、大阪は徳川家直轄の領地となります。江戸時代には、江戸をもしのぐ経済、交通、金融、商業の町として天下の台所と呼ばれるのはあまりにも有名ですよね。明治期になると、繊維工業を中心として発展し、東洋のマンチェスターとも呼ばれるようになりました。本当に、大阪は歴史が古くて、改めて天下の台所や東洋のマンチェスターなど様々な通り名があると事に驚きます。

 

関西と関東の中心都市同士の東京〜大阪間の費用はどのくらいかかるでしょうか。転勤が多い人でも費用は会社持ちだったりすると普段はあまり考えたことはないのではないでしょうか。仕事以外なら進学や住み替えなどで自腹引越しですよね。荷物が多いと相当な料金となることになりますが、複数の業者の見積もりを比べてみれば思いの外、安い業者を見つけることができますよ。詳しくは大阪⇔東京の引越し料金で費用の概算をみてみてください。

 

引越し業者について

約款の確認−引越しの料金

引越しの料金は、単に安くなればそれで良いというものでもありません。

 

仮に安くなったとしても、確認すべきことを確認しないようでは、それこそ意味がありません。そうではなくて、確認すべきことは確認してこそ、本当の意味で有益と言えるのです。では、引越しの料金について考える上で、確認しておかないといけない点とは、一体何でしょうか。

 

まず確認したいのは、約款です。約款は、いわば引越し業者を利用する上でのルールということです。この約款は、どの引越し業者も同じということはありません。

 

同じ業種でも、企業が異なればルールが異なるのは、至って普通のことです。過去にA社のサービスを利用したからと言って、その時のルールがB社に通用するようなことはないのです。

 

また、約款をきちんと確認しておけば、どういうルールに基づいて引越しの作業が行われるのか、自分で理解することができます。実際に約款をきちんと確認していないがために、ルールをきちんと把握することができず、いざという時に慌ててしまうようでは、せっかく引越しの料金が安くなったとしても、意味がないのです。

 

もし約款の確認を怠るようなことがなければ、何かあった時にも慌てるようなことがなく、それだけでも安心であることは、間違いありません。約款は契約書などに細かい文字で書かれているため、読むだけでも面倒に感じることになりますが、これをきちんと行うのと、面倒に思ってやらないのとでは、結果が全く異なってくると言っても良いぐらいです。

 

引越しの損害賠償に関する確認

引越しの作業は、言うまでもなく、安全に細心の注意を払った上で行われます。

 

そのため、お客様の大切な品物は、決してぞんざいに扱うのではなく、丁寧に扱います。このことを考えると、品物は常に安全な状態にあると感じることでしょう。これは決して間違っていることではありません。

 

しかし、だからと言って、この点について100パーセント安心して良いかと言えば、決してそういう意味にはなりません。もしかしたら、何かしらの理由で大切な品物に傷がついてしまうようなこともあるのです。そんな時のために、引越しの作業を依頼する前に確認しておきたいことがあります。それは一体どういう内容でしょうか。

 

それは、損害賠償に関する確認です。もし万が一の時は、品物に対して弁償をしないといけないのですが、この際に損害賠償の対象になるための条件が存在します。もちろん、この条件をきちんとクリアできてこそ、損害賠償が出ることになります。損害賠償の範囲については、引越し業者によって大きく異なってきます。金額が大きいこともあれば、小さいこともあります。

 

いづれの場合も、予め知っておけば、いざ損害賠償を受ける時になって、慌てるようなことがありません。このことは、単に引越しの料金を知ることよりも大切な項目になると言えるのです。損害賠償については、多くの人はあまり確認しないのですが、良質なサービスを提供している会社でも、何があるか分からないのです。だからこそ、確認が必要なのです。